掲示版 #1  


 掲示板目次に 



歩いた~!第3回かけがわ茶の里スリーデーマーチ」
2013年06月19日記
愛知県  涼歩さん 

40㎞×3D」どうやら山歩き付き ・・に誘われ 初参加しました。 飯田でも 我家と似たような歩速で、掛川歩こう会の皆さんが大勢。 

524日(金)初日 ---------------------------------
 出発して30分経過 ・・只今 団体歩行中!
 HPの「長距離・高速歩行」が誇大でなく
 我家は既に、フルスロットル 
一旦列詰めして、最終の「自由歩行での注意!」(同行している)スタッフや矢貼りに気を付けて歩きましょう(MAP:山道で地名が判らず あてに出来ない?)結局我家も、田園地帯でコースオーバーし15分ほどうろつくなんとか「掛川方式の矢貼り」(の癖)を理解 ・・

525日(土)2日目 -----------------------------------
 山道でも団体歩行
 小笠山尾根神社へは 先陣を10名ほどの女性軍にして進む
 いいペースで進み、列がほとんど長くならない 
登山道に入って45分ほどで、小笠山尾根神社到着
  ご褒美の眺望
  (ピンボケは腕でなく、コンデジのため?)
数分で、全員集合 ここからが自由歩行 
 
日目はコースを逸脱する事なく歩けた。
 ・・ 先行するベテランさんを追いかけていた ・・
 勿論、矢貼りもしっかり、見ていました(確認のため?)
 おかげで、名所や景色はどこへやら・・
山道でなければ、少しくらいのウロウロは御愛嬌?
いくつかイヤーラウンドウォークをしたが
コース通り歩くのは至難のMAPも。
(それも楽しい と考えないと腹が立つ?) 

日目 本格的な山登り?の栗ヶ岳挑戦 ------------
 幸い この日も晴れ
 ニュースで見ると、愛知県より5℃は低く歩きやすい
  ウォーキングを楽しめるのは 体調と天気次第
 日間のコース設定もだんだんアップダウンが厳しくなる
 絶妙の設定。
・・逆設定なら、「クールダウンに最適ルート」・・要は歩ければいい?
 
市街地を抜けるまでは、例によって団体歩行
彼方に見えてきた山を指差し
「あれが栗ヶ岳です」・・写っているのがそうなの自信はない
 山歩きの前に しっかり平地歩きもありました。 
 
830分にスタートし、10時前にやっと「栗ヶ岳」の登山路へ入る
暫く登ると、こんな所にも茶畑が
歩くだけでも「いっぱい・いっぱい」なのに
どうやって作業するのやら ・・ 機械が入るのか
人ごとながら心配したり、頼もしく感じたり 
 
しっかり登って来たと思ったら、まだ続きがあった!
よく見ると、右端に人らしきものが ・・
 そうなんです! ここを登るのです!
 下から見上げた写真ではいまいち傾斜が判らないが ・・ 
 
登ってみると、こんな傾斜 山の上です!
「これって、本当に ウォーキングのコースですか?」
 体調・天気 ・・雨の日は絶対来たくない道です 
山頂 532 mの「阿波々神社」も撮影だけで通過して
長い下り坂を気持ちよく歩く
こちらはドライブウェイにもなっている
途中にもあった看板をよく見ると

 山の「茶の字」を通過していた! 
 
気付かなかったが、これが「木」の字の右払い
「茶畑の畝」と思っていたのだが、杉の木だった。 
 
栗ヶ岳を下ってくると「茶の字」が良く見える
少しボケているのは、コンデジ ・・ でなく、天気
教えてもらって、正面からも撮影したがもっと霞んでいた 
 
日目コースは「栗ヶ岳と小夜の中山峠が難所」と聞かされていた
中山峠の高低差は120mほどで左程でもないが
「菊川の里 さんぽ茶屋」で昼食休憩した直後の登りで
流石に、しばらく足が上がらなかった
峠を過ぎて、「日坂の宿」への下りは
広重の浮世絵が、すこしも大げさに思えなかった 
 
日坂宿は日曜日にもかかわらず、ポイントが違うのか
時期的なためか、閑散としていた。 
 
日目も残り10㎞足らず
またまた、コースは我家の貸切に 
 
無事に 掛川城前の「こわだりっぱ」にゴール
スタッフさんやベテランさんから色々と話が聞けた。
“歩いた~”と思える、印象深いウォーキングとなりました。

歩くだけでも、一日掛るのに40㎞・20㎞・10㎞を3日分
参加費(当日申込で1,500円/3日分)を見て
『少し大きな例会』程度に考えて参加したのですが
会場の舞台・テントやコースの要所毎の給茶所など申し分なく
スタッフさん達の意気込みと御苦労に ただただ、感謝です。
来年’14年も同時期に開催とのこと 大いに期待するとともに
天候に恵まれますよう祈っています