第19回 晩秋の遠江路を歩く



     
  例会No. 672    距離: 30km/20km    報告者:福場 博志        
 
 例会日/天候 2016年 11月6日 (日)/ 天気:晴れ
 集合場所/時間 JR掛川駅サンクン広場/8時 30分
 参 加 者 71名(内女性27名 体験参加者2名)(20㎞コースには18名参加)
 役員役割

30㎞コース:先頭:金原(1日担当役員)、深田、瀬戸、 
       アンカー:寺舘、福場 
20㎞コース:伏見
コース説明:深田 地図:福場     司会:深田



 
    会長挨拶:

 ① 今日のコース名は『晩秋の遠江路を歩く』となっていますが、今年は他の例会との調整で、晩秋ではなく初秋の実施となりました。今日は、紅葉はまだ始まってはいないと思いますが、森町に入ってカキの実が黄色く輝いているのが楽しめると思います。

  来年の例会計画として『瀬戸内倉敷ツーデーマーチ』(3月11日/12日開催予定)の参加を予定しています。翌年のコースは、年末の総会で決定されてから正式なものとなりますが、この大会は12月1日から参加申し込みが始まるため、会員の皆さんの参加を前もって受付けますのでよろしくお願いします。


 
   主要地点と時間:

掛川駅北口(サンクン広場)
8:47 スタート

サンリーナ

9:23着/9:30発

雨桜神社
10:43着/10:55発

グリーンヒルゴルフ場横

11:55着/12:00発

森町・大洞院(昼食)
12:53着13:35発

小国神社
14:23着/14:40発

獅子が鼻
15:30/15:40(スタンプ)

遠江路一宮駅(天浜線)
16:20(ゴール)




 
   特記事項・感想

 ① 五明・彗星発見場所までのコースをサンリーナ経由としたため、この間、違った初体験を楽しむことが出来たのではないでしょうか。 その分、少し遠回りとなったのでしょうか、昼食時間が短くなりましたが良い機会だったと思います。

  今日は紅葉にはまだ早くて、小国神社に紅葉を目当てに訪れる観光客も少なく、周りの交通事情もいつもと違って混み具合はありませんでした。

 ③ ゴールでは、今年も会員の計らいで次郎柿の販売が有りました。