第15回 蔦の細道・河津桜のみちウオーク


     
 


歩行距離: 26㎞ 
報告者:  橋ケ谷
 

 
 
例 会 日 2月23日(日)
 
集合場所 安倍川駅前公園
 
 
集合時間 8時30分
 
 
天  候 晴れ
 
 
参 加 者 75名 (女性31名 体験参加者1名、新規会員2名
 
 
役員役割   先頭:吉川、伏見   アンカー:深田、橋ヶ谷   コース説明:伏見    地図:室井  *15㎞担当:鳥居、粂田 
 
 
出発式  
会長挨拶  司会:深田

蔦の細道は平安時代に伊勢物語に登場する古道です、その後室町時代まで使用されました。戦国時代に秀吉が小田原攻めの為に新道を作り江戸時代の東海道となりました。その後蔦の細道は蔦が生茂り使われなくなりました。明治時代になり江戸時代の東海道の一部がトンネルなりました。

 
 
主要地点の通過時間 
 
 

駅前公園(スタート)855)→駿府匠の宿(935955 休息20分)→道の駅静岡(10351050 休息15分)→蔦の細道公園(11291215 昼食)→大旅籠「柏屋」(1335)→神神社(1430 休息20分と押印)→JR焼津駅ゴール(1530) 
注)15㎞コースの人も一部コースを簡略して一緒に行動した。

 
 
特記事項・感想 
 
 

寒い日が続きましたが今日は風もなく暖かいウオーキング日和でした.

蔦の細道は足元に不安がありましたが、思いのほか歩きやすい状態でした


そこかしこの梅の花は満開で岡部の大旅籠柏屋には等身大の雛人形が展示され、瀬戸川堤の河津桜は七分咲きでの一足早い春を満喫した一日でした。

次回は山の辺の道を通りたいね!との話がありました。