富士山世界遺産登録記念ウオーク・社寺めぐり



     
 
距離: 22 km 

報告者: 西川 廣志 
 
 
 
例会日: 3月9日()
 
 
集合場所/時間: 富士宮駅南口   集合時間:午前9時35分
 
 
天   候: 晴れ
 
 
参 加 者 : 52名(内女性21名、体験参加者7名)
 
 
役員役割: 
    先頭:西川、紅林   アンカー:瀬戸、寺舘   コース説明:瀬戸  地図:室井
 
 
出発式:
会長挨拶  司会:深田副会長
今日の例会は初めてのコース、世界遺産に登録された富士宮の神社巡りのコースを歩きます。特に山宮浅間神社は、浅間神社の中でも最も古く、拝殿がなく、富士山に向かってお参りする大変珍しい神社ですので、良く見ていただきたい。また、このコースは長い上り坂がありますが、ゆっくり歩く例会ですので、それなりにゆっくり、車に気をつけて歩いていただきたいと思います。

来週の例会(3月23日 懐かしの奥山線跡を歩く)コースの紹介・大勢参加して下さい。
 
 
主要地点の通過時間 
 
 
富士宮駅南口スタート(9:57) →富士宮浅間大社(10:10) →富知神社(10:20) →二之宮神社(10:25) →富士大宮司家墓所(10:35) →山宮スポーツ公園 昼食(11:45/12:30) →山宮浅間神社(12:55) →村山浅間神社(13:45) →ピアゴ(15:00) →若之宮神社(15:20) →富士宮駅ゴール(15:40)
 
 
特記事項・感想 
 
 
参加者が全員遅れることもなく、ゴール到着時間も予定通り順調で問題はなかった。

  本日は晴れてはいたが、肝心の富士山は雲に隠れて見えなかったのが残念だった。

富士大宮司家墓所で、44代1000年以上続いた富士大宮司家について、会長の説明があった。

若之宮神社では、境内に富士山溶岩流を保存してあり、なかなか見られない貴重な痕跡を  見ることができた。

*問題点
ピアゴでのトイレ休憩で、トイレから出てきたら全員出発して、誰も居なく一人取り残された。アンカーは 全員揃ったかを確認してから出発してほしいという意見があった。反省点として、アンカーは最後の一人までしっかり確認するように、次回の例会へ申し送りします。