お楽しみハイク 本栖湖から田貫湖へ(東海自然歩道を歩く)


     
 

報告者: 室井政吉  
 
 
例会日: 7月13日 (日曜日)
 
 
集合場所/時間:  バス利用(バス会社:浜松バス) 掛川駅7:15、清水駅8:15
 
 
天   候: 曇 (時々小雨)
 
 
参 加 者 : 41人  (女性23人 男性18人)
 
  担当: 先頭 室井、アンカー深田、小澤  中間 瀬戸  
 
主要地点の通過時間
 
 

本栖湖湖畔駐車場(スタート)10:30⇒キャンプ場⇒割石峠WC11:30⇒A沢貯水池12:30⇒根原のつり橋⇒道の駅朝霧13:40/14:20⇒あずまや⇒麓っぱらWC15:00⇒カメラマンロード⇒麓のつり橋⇒井之頭中学校⇒陣馬の滝16:20⇒小田貫湿原⇒田貫湖駐車場(ゴール)17:10

 
 
反省と特記事項 
 
 
予定時間より1時間遅れてのゴールとなった原因は、竜ヶ岳の麓を回り込むコースは歩きにくく、スピードが出ないにもかかわらず、いつもの歩く速度で時間設定をしてしまった。また、総勢41名であり、全体が揃う時間が必要であった。計算違いで、ご迷惑をかけて済みませんでした。実績は26kmでした。(認定距離)

富士山は終日顔を見せず雲の中、時々の小雨も濡れるほどではなく、気温が19℃から21℃位で、丁度良いウオーキング日和だね!という声に励まされ歩きました。東海自然歩道は、なかなか厳しい道が続き、通る人も少ない為か、倒木もあり、道も所々荒れていますので、今後計画する場合は時間設定に注意が必要ですね。

貸し切バスを利用すると、往復に大変便利であり、多少の旅行気分にも成り、普段の例会とは違った楽しみがありました。また、バスの中では、とうもろこし、キャラメル(ベトナム製)お酒、おつまみなど、沢山の差し入れがあり、これまた楽しさを倍加させてくれました。ご提供頂いた皆さまのお気遣いに感謝いたします、有難うございました。

帰路には、故菅原さん(副会長)の墓前に立ち寄り、野の花を供え、般若心経を唱えながら、全員が焼香をし、会員作の素晴らしい詩を朗読し、またお別れの手紙を読んで、供養できたと思います。私達の気持ちが故人に届いたような気がしました。きっと喜んでいると信じます。

右の写真は故菅原さんの眠る重林寺 (インターネットの写真を引用)